幼稚園での子どもたち

たのしかったよ!劇団バク人形劇『みにくいあひるのこ』

2016.05.10

今日は朝から、わくわくどきどき。だって、楽しみにしていた人形劇の日だからです。
劇の始まるリズム室。スポットライトが当たって、何だかすてきな雰囲気だなあ。
と子どもたちが待っていると、お兄さん登場!「ぼく、はたはたで~す!

♪♪ぱん、ぱん、ぱんやさんに おかいもの~♪♪」楽しい手遊びが始まりましたよ。

やや緊張気味だった園児たちも、すっかり気持ちがほぐれたところで、人形劇『みにくいあひるのこ』スタート!
おなじみのストーリーですが、みにくいあひるのこのグレイグは、あひるの兄弟からのけものに・・・。

「かわいそう~~!」ところが春になったら、なんと美しい白い羽の白鳥になったのです。

「よかった~!」子どもたちは心からホッとした様子でした。
劇団のお兄さん、お姉さんが片づけを終えて幼稚園を去るとき、子どもたちは名残り惜しそうにベランダに出て「さようなら~!ありがとう!」と力いっぱい手を振ってお別れしました。

 

一覧
pagetop